猫を飼うとかかる費用

猫を飼うにはかなりの出費がかかることをきちんと把握していきましょう。

1か月で見ればびっくりするほどの費用ではありませんが、猫の寿命が15歳前後なのでそう考えると結構な費用がかかります。

では実際にどんな物を揃え固定費はいくらなのでしょうか?以下の3つに分けてご紹介していきます!

  • 1、猫を迎えるまでに揃える物
  • 2、後から必要になってくる物
  • 3、年間の固定費

1、猫を迎えるまでに揃える物

まずは猫ちゃんをどこから迎えるか考えましょう。

猫を迎えるにあたっても譲渡や拾った場合は費用はかからず無償の場合がほとんどですが、ペットショップやブリーダーから迎える場合は費用がかかります。猫種にもよりますが【5~40万】ほどかかる場合もあります。

また猫を迎えるまでに揃える物がたくさんあります。おおよその値段と準備物を紹介します。

猫を飼うにあたっての初期費用

予防接種3000~6000円
猫のトイレ3000円
トイレの砂500円
キャリーケース5000円
爪とぎ1000円
猫用爪切り800円
エサ・水入れ各300円
おもちゃなど1000円

関連するまとめ

スタイル抜群な猫界のスーパーモデル「サーバルキャット」の魅力♡

「サーバルキャット」は普通の猫よりも大型の猫で、ワイルドな外見とスタイ…

ゆんちゃま

スコティッシュフォールドの飼い方!性格や特徴、なりやすい病気について 

とにかく可愛い! まんまるお顔のスコティッシュフォールド! 大人気なの…

シアンのしっぽ

無事に子猫が生まれるまで!猫ちゃんの妊娠、出産について

猫はどのように出産するの?妊娠中に気をつけてあげることは?可愛い子猫が…

モカ