●症状
・息切れ
・よだれを流す
・目や粘膜の充血
・嘔吐や下痢
・ふらつき
・意識朦朧とする

熱中症の治療法と予防法

●治療法
熱中症の症状が見られた場合はすぐに身体を冷やす応急処置を行い病院に連絡し指示を仰ぎます。病院では点滴などの治療を行います。

●予防法
熱中症の予防は室内の温度や風通しに気をつけ猫を一部屋に閉じ込めないようにすることです。ドアを締め切って留守番させる際はエアコンなどで温度調節を行いましょう。

また、すぐに新鮮な水分が摂れるように最低二箇所は水を設置しましょう。

2、毛球症

毛繕いの際、自分の毛玉を飲み込んでしまいうまく排出されずそのままお腹の中に溜まってしまう病気です。

毛球症の症状

●症状
・嘔吐
・食欲不振
・元気がない
・お腹を触られるのを嫌がる

毛球症の治療法と予防法

●治療法
治療法としては毛球除去剤を飲ませ自然に排出させます。それでも出てこない場合は手術を行うこともあります。

●予防法
予防としては日頃からしっかりとブラッシングやお風呂に入れるなど被毛のケアをきちんとし、毛繕いの際に飲み込む毛の量を減らすことが重要です。

メインクーンは長毛種なのでブラシは長毛種用の物を使いましょう。被毛をカットすることも効果的です。

3、肥大性心筋症

関連するまとめ

こんなに可愛い茶トラの魅力♡性格・行動を理解してもっと仲良くなっちゃおう♡

猫の中でも人気な柄☆飼うなら絶対茶トラ!と決めている人も多いのでは?実…

如月れおん

猫の気持ちを理解する!!よく見かけるしぐさ、集めました♪

普段ねこちゃんがよくしているしぐさを集めてみました☆ 本当はこんなのと…

MIE0118

ターキッシュアンゴラに長生きしてもらいたい!平均寿命とかかりやすい4つの病気

トルコでは「生きる国宝」と呼ばれ大事にされているターキッシュアンゴラっ…

モカ