■もくじ■
 メインクーンってどんな猫?
 メインクーンの寿命
 メインクーンのかかりやすい5つの病気
  ∟1、熱中症
  ∟2、毛球症
  ∟3、肥大性心筋症
  ∟4、脊髄性筋萎縮症
  ∟5、多発性囊胞腎
 メインクーンの健康管理で注意したい3つのこと
  ∟1、食事の管理
  ∟2、ブラッシング
  ∟3、運動
 最後に

メインクーンってどんな猫?

●起源は定かではない
メインクーンはヨーロッパで土着猫との交配から生まれた説やアライグマとの交配で生まれた説、ペルシャ系もしくはアンゴラ系の猫を北アメリカ東部沿岸地方に持ち込み、土着猫と交配し誕生した説など様々で未だにはっきりとはわかっていません。

●ワイルドなのは見た目だけ
とっても身体が大きくワイルドですが性格は穏やかで優しく、飼い主が大好きな甘えん坊です。遊び好きでドアや引き出しを開けてしまうような賢さも持ち合わせています。

●メインクーンの平均体重
オス 6kg~9kg
メス 4kg~6kg

メインクーンは一般的な猫よりもかなり大きく「ジェントルジャイアント」という異名を持っているほど。中には12㎏まで成長し、ギネスに認定された子もいるそうです。

メインクーンの寿命

●メインクーンの平均寿命
11〜14歳

メインクーンの平均寿命は11歳~14歳となっており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後とされているため、少し短くなっています。

●長生きの秘訣は?
猫の寿命は毎日のケアや食事のバランス、定期的な運動などでまだまだ延びることもあります。

メインクーンのかかりやすい病気の一つ、毛球症などは毎日のケアで予防することができます。長生きのためには食事を年齢に合わせた適切な物に変えていき、しっかり管理しましょう。

また、適度な運動を心がけることによってストレス解消や肥満防止にもなるため、定期的に行いましょう。

メインクーンのかかりやすい5つの病気

1、熱中症

急激な体温の上昇にともない、開口呼吸やよだれを流すなどといった症状が現れる病気です。

熱中症の症状

関連するまとめ

雑種界のアイドル!ファンも多い茶トラ猫の魅力教えちゃいます!

茶トラ猫といえば、雑種の中でも人気がある毛色の猫です。 今回は、見た…

ゆんちゃま

アメリカンショートヘアーの飼い方!性格、特徴、しつけの方法についてご紹介☆

「アメショー」と呼ばれて人気の猫、アメリカンショートヘアー。人懐っこく…

cywg85

しっぽの短い日本猫ジャパニーズボブテイルの飼い方は?歴史や性格、特徴について

日本古来より「招き猫」のモデルにもなったとされる品種。ジャパニーズボブ…

ちりちり