◆ 目次 ◆
 手術のメリット・デメリット
 適した時期と体重
 費用
 実際の手術では
 最後に

より長く猫ちゃんと暮らすために、避妊・去勢手術は多くの動物病院で推奨されています。

病気の予防や発情防止などの良いことはよく聞きますが、良いことだらけという訳ではもちろんありません。

メリットとデメリット、受ける際のお金や体格の目安についてまとめました。

手術のメリット・デメリット

メリット

〇妊娠・繁殖をしなくなる
〇発情がなくなる
〇病気の予防になる

オスもメスも、スプレーや鳴き声といった発情行動に悩まされる人も数多くいるのではないでしょうか。
多頭飼いであれば不要な繁殖を防ぐのはとても大切です。
生殖器系の病気の予防にもつながり、結果的に寿命を延ばすことになります。

デメリット

×全身麻酔をかける
×お金がかかる

麻酔による事故は、悲しいですが可能性はゼロではありません。

臓器不全や突然死などのリスクを考えなければならず、高齢になるにつれ心配は増します。それにまつわるトラブルもあるようですが、初めての病院での飛び込み手術は止めましょう。

しっかり検査し、管理してくれる信頼のできる獣医さんを探してください。
なお、コスト面ではオスよりメスの方が高額になるようです。

猫ちゃんにとって一番よい方法は?

関連するまとめ

猫ってどうして犬より長生きするの??その不思議について調べてみた

一般的に猫の平均寿命は15年、犬の平均寿命は10~13年と言われていま…

cywg85

キャットフードにはどんなものがあるの?猫にとって健康的なものとは?

棚にズラーっと並んだキャットフード、値段も形もぜんぜん違います。あまり…

シアンのしっぽ

しっぽの短い日本猫ジャパニーズボブテイルの飼い方は?歴史や性格、特徴について

日本古来より「招き猫」のモデルにもなったとされる品種。ジャパニーズボブ…

ちりちり