ロシアンブルーの歴史

1800年代後半、この美しい猫は「アークエンジェルキャット」という名で初めてキャットショーに登場しました。
一目見るなり惚れ込んだたくさんのブリーダー達により、瞬く間に人気猫種の仲間入りを果たします。
生まれはロシアの北部の島で、ロシア人水夫の手によりイギリスや北欧へ広まりました。
その後第二次世界大戦で数が激減するのですが、愛好家たちの涙ぐましい救済措置や努力の末に絶滅は避けられたのです。

ロシアンブルーの特徴

ロシアンブルーの外見

目の色:グリーン
毛色:ブルー
体重:3~5kg

まずぱっと目に付くのが、きらきらとした硝子玉のような緑色の瞳でしょう。
ブルーグレーの毛並みはやわらかくツルツルで、高級感があふれます。
体重は3~5kgと細めの体型ですが決して華奢なわけではなく、凛とした存在感を放ちます。

様々な毛色が存在する中で、ロシアンブルーはこの目の色、この毛の色以外は認められていません。公認はされていませんが、ブラックやホワイトのロシアンブルーも存在し、密かな人気をはくしています。

ロシアンブルーの性格

頭がよく飼い主思いの甘えん坊です。ツンとデレが半分くらいで実にバランスがよく、手間のかからない優秀な猫と言えます。
お手を覚えたりおもちゃで遊びを催促したり、デレ期の時はワンちゃんをかまっているような気持ちになることも。

ブリードの質が向上し、凶暴な要素は自然と淘汰されていきました。

関連するまとめ

うちの猫をもっと可愛く上手に撮りたい♪猫のアップ写真の写し方♪

うちの猫はとっても可愛い♪写真に残したいのに思うように撮れないことって…

sawana

冬のシーズンの「猫バンバン」って一体何?車に乗る前に猫ちゃんに注意!

JAFや日産などの自動車メーカーが呼びかけ人となって「猫バンバン」が推…

puku127

猫ちゃんの里親になるには?迎える前に知っておきたいこと・里親募集サイト

猫を飼いたいと思った時はペットショップで猫ちゃんを探すのも良いですが「…

モカ