まず、今猫ちゃんが何かいけないものを食べてしまって、慌てて検索をしこの記事にたどり着いた方。
読むのをやめてすぐに動物病院へ電話をしましょう!
ものによっては1秒を争う事態の場合があります。

ゆっくりできる方はぜひ、お付き合い下さい。

身近な危険な食べ物

夕飯のお刺身をちょっとおすそ分け、ティータイムのケーキの包み紙をぺろぺろ、ゴミ箱をいたずらしちゃって牛丼の入れ物くんくん。

これら、すべてNG行動です!
場合によってはすぐに病院へ、なんてことになりかねません。
猫に与えてはいけない食材、有名なものから案外知られていないものまで簡単にまとめました。

玉ねぎ

有名NG食材です
補足すると、玉ねぎだけでなくねぎ類はすべてNGです
加熱の有無に関わらず、煮汁も避けましょう
体重3㎏の子で45~60gのねぎ類で中毒の危険がある、と言われていますが、敏感な子であればスープを一舐めしただけで症状が出ます

血尿、黄疸、貧血など、溶血性貧血を招きます

長ネギ、ニンニク、ニラ、らっきょうなどご注意を

チョコレート

こちらも王道NG食材です
カカオに含まれるテオブロミンが中毒を招くので、重要なのはカカオのパーセンテージになります
一般的なミルク板チョコの場合は一枚丸々食べてしまってもさほど心配はありません
高カカオの製品や製菓用のベーキングチョコは要注意

興奮、頻脈、嘔吐、下痢などの症状がみられます

ココアも微量にカカオが含まれますので、あげないようにしましょう

イカ

魚介=猫という構図、NGです!
生のイカに含まれる成分がビタミンB1欠乏症を引き起こします
「猫にイカをやると腰を抜かす」などと言われていますが、神経症状によりふらふらするのがそう見えるのでしょう

症状は下痢、嘔吐、痙攣など

タコもいけません!
加熱したものであれば少量ならOKです

アワビ

魚介シリーズ第2弾
「アワビを食べると耳が落ちる」なんて怖い言い回しは、あながち嘘ではありません
生の内臓部分に含まれる成分が、血管内に入り込み皮膚の薄い部分へたどり着くと、紫外線と反応し光線過敏症を招きます
ひどい場合は言い回し通りお耳が取れてしまうことも

同様の理由でサザエもいけません
双方加熱をすれば大丈夫な場合が多いです

ブドウ

皮に含まれる成分が中毒を引き起こします
ゼリーやジュースなどはそれほど心配はありません
研究機関が浅く、実ははっきりとした原因やメカニズムは今のところ不明ですが、与えないほうが無難でしょう

肝機能障害、腎不全などを招きます

レーズンもやめましょうね

牛乳

雨の中濡れて震える子猫をやさしく連れ帰り、温めた牛乳を飲ませる……
やめてください
お腹をこわしてしまいます!
牛乳に含まれる乳糖を分解できず、下痢になってしまいます
必ず猫用のミルクにするようにしましょう