猫の好物といったらやっぱりお魚♪

猫はお魚が大好き♪
その中でアジやイワシなどは手に入りやすく、身近な魚。
手軽に猫ちゃんに食べさせられますよね。

お魚大好きにゃ♪

お魚と猫は定番の組み合わせですね♪

お魚を食べて猫が病気に?!

けれども、アジやイワシも含まれる「青背の魚」は食べさせ方に注意が必要です。

与え方を間違えると黄色脂肪症という病気を引き起こしてしまいます。

ショックだにゃ!

「青背の魚」とはその名の通り背の青い魚のことです。
アジ・イワシのほかにはサバやサンマも含まれます。

黄色脂肪症とは?

猫の黄色脂肪症とは、猫の腹部や胸部にたまった皮下脂肪が酸化して変性し、炎症を起こした状態のことです。

汎脂肪織炎(はんしぼうしきえん)、イエローファットとも呼びます。
痛み、発熱、食欲低下などの症状が出ます。

なぜ青背の魚で黄色脂肪症になるの?

青背の魚はDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)という不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。
空気に触れると酸化しやすいという特徴があります。

この不飽和脂肪酸がビタミンEを破壊してしまうのです。

関連するまとめ

猫ちゃんにあげてはいけない食べ物!きちんと知っていないと飼い主失格ですよ!!

猫ちゃんには何でも好きな物をあげたい!なんて親ばかな飼い主さんも多いと…

syokorasyoko

【猫フード】ウェットタイプ&ドライタイプはどっちがいいの?それぞれのメリット☆

猫の主食・キャットフードは大きく分けてウェットタイプとドライタイプの二…

sawana

愛猫家さんの夢・猫と一緒にティータイム♪猫専用のお茶「ねこ茶」♪

猫と一緒に優雅にお茶できるとしたら…愛猫家さんなら夢のようですね♪そん…

sawana