なぜ猫は爪きりが嫌いなの?

猫にとって爪は自分を守る最大の武器

猫にとって爪は自分を守る最大の武器

するどい爪は野性で暮らす動物にとって、敵を攻撃するときに最も重要な武器となります。

自分の身に危険が迫ったとき、高い場所に登って敵から逃げるとき、爪は重要な役割を果たします。

猫にとって爪は生きていくうえで大切なものですから、爪を触られたり、短く切られることを嫌がるのは本能として自然なことでもあるんです。

完全室内飼いでも爪きりが必要な理由

爪が伸びっぱなしだと家具や壁紙に被害が

爪が伸びっぱなしだと家具や壁紙に被害が

野良猫や放し飼いにしている猫は、外を歩いているうちに自然に爪の先が摩擦ですり減るので、基本的に爪きりの必要がありません。

しかし、室内飼いの猫は爪がすり減るほど摩擦が起きない生活なので、爪の伸びやすく、さらに先端がするどく尖ってしまいがち。
尖った爪は畳やカーペット、カーテンなどに引っ掛かりやすくなるので、猫もついつい家具を使ってバリバリと爪とぎをしたい衝動にかられてしまいます。

爪きりが嫌いな猫向け!爪切りのコツ

我が家の場合、猫に猫用の帽子をかぶっていただくと、猫が驚くほどおとなしくなります。ほとんど動くことがありません。
メロン風帽子でもおとなしいにゃん

メロン風帽子でもおとなしいにゃん

一番怖いのは、猫が暴れ出した場合です。猫専用の爪切りで爪を切っている最中に暴れられたら、猫の爪を傷つけかねません。最悪の場合、出血してしまいます。

そんな時、一つの手法として、帽子をかぶせるという手段をご紹介します。
我が家の場合、猫に猫用の帽子をかぶっていただくと、猫が驚くほどおとなしくなります。ほとんど動くことがありません。もちろん、猫ちゃんによっては逆にイヤがって動いてしまうこともあるので、実践する場合は事前に猫の行動をチェックしましょう。

猫をおとなしくさせるための画期的な方法がある。タオルで猫を包んでしまうのだ。狭いところが大好きな猫は、タオルに包み込まれると不思議とおとなしくなってしまう。用意するのは大判のタオル一枚でいい。

動物行動にも詳しいソフィア・イン獣医師によると、タオルは鋭い爪の攻撃から身を守るのうってつけで、タオルラッピングは彼らの脱走を防ぎながら落ち着かせるのに役立つそうだ。
タオル包みは処置の際に不安や恐れ、または攻撃的になりがちな猫たちに効果があるという。

洗濯ネットに入れると一部を除き、殆どの猫は大人しくなります。 網目が大きい洗濯ネットは猫の爪切りに便利です。 普段はいい子なのに爪切りをさせてくれない飼い猫なども、洗濯ネットに入れると大人しく爪切りをさせてくれます。

大きい洗濯ネットは大人猫が入るサイズですが、子猫用にもう少し小さいサイズも用意すると子猫の飼い主さんにはいいかと思います。
猫を洗濯ネットに入れる注意点としては足から入れると逃げてしまうので、必ず頭から入れて下さい。
今回は網目が細かい洗濯ネットを使用しましたが、1本ずつネットから爪を出して切りました。

関連するまとめ

消臭スプレーは猫ちゃんに毒!?布用消臭スプレーのペットに対する危険性

猫ちゃんお気に入りのベッドに消臭スプレーをシュッとするのが日課の方も多…

くろとしま

爪きり大嫌いな猫ちゃんに困ったら!猫の爪きりのコツ6選

そろそろ爪が伸びてきたな~。と思った途端に逃げられたり、無理に押さえつ…

くろとしま

危険!猫ちゃんの排泄物は、人間の水洗トイレに流すと詰まっちゃう!?

猫ちゃんのトイレの排泄物の処理の際に、人間用の水洗トイレに流してしまっ…

mimi