1、水を利用する

猫は水が苦手な子が多いので、それを利用してしつけましょう。
水鉄砲に水をあらかじめ入れておいて、猫が手や足などを噛んできたら水鉄砲で1~2回ほど水をかけましょう。

水鉄砲のほかに霧吹きを使用してもOK。
しかし、かけすぎると猫風邪などの原因になることもあるので気を付けましょう。

2、大きな音で驚かせる

大声をあげれば、猫は驚いて噛むのをやめてくれることが多いです。

手を「パン!」と叩いて驚かせるのも効果があります。
ただし、気が小さい猫や虐待などによりトラウマを抱えている子にとっては「驚き」を通り越して「恐怖」に感じてしまうことがあるので注意が必要です。

関連するまとめ

可愛いからって甘やかさないで!子猫のときに気を付けたい5つのしつけポイント

見た目が愛らしい子猫時代はなにかと甘やかして育てがちです。 しかし、…

ゆんちゃま

猫ちゃんと仲良く暮らしていくために♪上手な叱り方、しつけ方

猫ちゃんと仲良く仲良く暮らしていくためには、甘やかすだけでなく、しつけ…

sawana

とっても可愛いチンチラ♪ペルシャ猫との違いは?性格や特徴、寿命は?

「チンチラ飼ったんだ!」なんて友達の家に行ってみると、そこにいたのは想…

シアンのしっぽ